「制度」より「運用」、「説得」ではなく「納得」、生きた人事労務マネジメントを通して、会社の「発展」と社員の「成長」を支援します。

弊事務所の基本方針

ビル

業績向上と社員の成長のために

外部環境がめまぐるしく変化する時代、 会社は現状に立脚した明確なビジョンと共に しっかりした労務管理基盤を持つ必要があります。

 

この人材を活用する基盤を整えることが、 社員の持つパフォーマンスを引き出し、会社の業績を向上させる、 労務管理の最も基本的な部分であると考えています。

業務案内

ほほえむ女性

実践的人事労務コンサルティング

~人事労務管理が目に見えて改善されます~

労務管理改善を通して会社と社員の信頼関係を醸成することで、従業員の持てるパフォーマンスを十分発揮させるとともに、様々な雇用リスクを回避します。

 

『 12スクエア・メソッド 』 (トゥエルブ・スクエア・メソッド)による実践的なコンサルティングを行います。

 

詳しく見る→

葉っぱ

手続業務のアウトソーシングで経営効率化

利益を生まないわりに手数のかかる業務が社会保険等の手続業務であり給与計算業務です。これら業務をアウトソーシングすれば貴重な人材を付加価値を生む業務へシフトすることができます。

 

弊事務所では、手続業務社会保険、労働保険、労働諸法令のプロである社会保険労務士ならではのきめ細かいサービスを提供します。

 

詳しく見る→

髪を掻き上げる女性

「雇用リスク」のマネジメント力アップ、人材育成

1,労務管理研修・セミナー

昨今のサービス残業、メンタルヘルス、育児介護休業等への対応、パートへの社会保険の適用問題に見られるように、今や経営者や管理職が労務管理に関する法律知識を正確に把握しておくことは、会社のリスク管理上必須といえます。

 

2,コーチング研修

社員のビジネスパーソンとしての成長は、業務知識やビジネススキルはもとより、コミュニケーションスキルに大きく影響されます。コーチングはコミュニケーションスキルアップの有効な手段です。

 

詳しく見る→